2012年06月09日

おまけ。

堀内まゆみ profile
1984年、札幌市生まれ。
大学在学中より俳優養成所に入所、演劇活動を始める。
「演劇実験室◎万有引力」を経た後、フリーで役者、舞台演出活動を開始。
主に人の記憶や深層意識をモチーフとするような作品づくりを行う。
育児を機にコミュニティダンスと出会ったことでコンテンポラリーダンスに興味を持ち、
身体表現やダンス作品、またワークショップなども手がけるようになる。
2013年よりCAI現代芸術研究所にて美術家 端聡氏に師事。
表現分野を広げて映像・アート作品の発表や、ギャラリーでのパフォーマンスも実施。
近年は作品づくりで培った方法論を活かしながら、
より多くの人との身体性や創造性を通したコミュニケーションを模索する。

The foundation for communitydance(イギリス)メンバー登録、
JCDN(ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク)コミュニティダンス
ファシリテーター養成講座基礎コース修了。
MICHA(マイケル・チェーホフ・アソシエーション/アメリカ)メンバー登録、
ティーチャートレーニングワークショップ修了。


★過去の出演、手がけた作品

北海道演劇財団付属TPS養成所(7期生)
養成所公演
◎『遠くの人に近づくための試みとしての短編戯曲集』(作:チェーホフ他 演出:北川徹)
◎『ロング・グッドバイ』(作:テネシー・ウイリアムズ 演出:滝沢修)
◎『大海原』(作:ムロジェック)
◎『ブラックコメディ』(作:ピーター・シェーファー 演出:宮田圭子)
◎『恋愛日記』(作:竹内銃一郎 演出:北川徹)
◎『伝染病』(作:アゴタ・クリストフ 演出:滝沢修)        
◎『コメット・イケヤ』(作:寺山修司)
◎『財産没収』(作:テネシー・ウィリアムズ)
◎『太陽系第三惑星、異常なし』(作:斎藤歩 演出:宮田圭子)

演劇実験室◎万有引力
◎『夢のコンタジオン劇 螺旋階段』(原作:寺山修司 構成・演出:J.A.シーザー)
◎『ローマキャフェー ∞』(作・演出:井内俊一) 
◎『奇想番外奇劇 わがザッツ・エンターテーメントのための予告篇』(原作:寺山修司 構成・演出:J.A.シーザー)

さっぽろ演劇研究室

2008年
◎『三人姉妹』(作:チェーホフ 演出:堀内まゆみ)
2012年
◎『ベルベットのうさぎ』(作:マージェリー・ウイリアムズ 演出・構成:堀内まゆみ)
◎『スマイル ーこの世のありとあらゆる孤独との付き合い方』(作・演出・構成:堀内まゆみ)
◎『マクベス夫人』(原作:ウイリアム・シェイクスピア 演出・構成・脚本:堀内まゆみ)
◎『まい、姉妹、殺される。』(脚本:きむらゆうか(劇団 平成商品) 演出:堀内まゆみ)
◎『痛みに満ちる。』(作・演出:堀内まゆみ)
◎即興劇『pain』(演出:堀内まゆみ)
◎『ベルベットのうさぎ rev.』(作:マージェリー・ウイリアムズ 演出・構成・出演:堀内まゆみ)
2013年
◎シアターZOO提携公演【Re:Z】じゃぱどら!!『紙風船』(作:岸田國士 演出:堀内まゆみ)
◎INDEPENDENT SPR 2013 『ベルベットのうさぎ』(原作:マージェリー・ウイリアムズ 演出:森まなみ)
◎『ラヴ コネクション』(作・演出 堀内まゆみ)
◎ひとり芝居『KABE』(作・演出 堀内まゆみ)
2014年
◎『ラプラスの悪魔』演出・出演(作・演出 堀内まゆみ)
◎CAI18期生卒業制作『あなたと私の認知.』(作・パフォーマンス 堀内まゆみ)
◎札幌国際芸術祭連携事業 Hacoren ギャラリーネットワーク「途上」展 『都市の音、自然の音、自分の音。』(作・パフォーマンス 堀内まゆみ)/ひとり芝居『ベルベットのうさぎ short ver.』上演
2015年
◎『成瀬の日記』(テキスト:成瀬絢子 演出・構成:堀内まゆみ)
◎ INDEPENDENT SPR 2015 『世の中を動かす4つのうしろだての話』(出演:剣崎薫 作・演出:堀内まゆみ)
◎「駆け込み訴え」(作:太宰治 演出・出演:堀内まゆみ)
                


客演ほか

◎風蝕異人街『バッコスの信女たち』(作:エウリピデス 構成・演出:こしばきこう)
◎風蝕異人街『奴婢訓』(作:寺山修司 構成・演出:こしばきこう)
◎風蝕異人街第8回利賀演出家コンクール『大典礼』(作:アラバール 構成・演出:こしばきこう)
◎風蝕異人街『青ひげ公の城』(作:寺山修司 構成・演出:こしばきこう)
◎踊りに行くぜ!! U [セカンド] vol.2 札幌公演「過去でもなく、未来でもなく、現在(いま)を生きる私たちについて」(作・演出・ファシリテーター:櫻井ひろ たかはしちひろ)
◎踊りに行くぜ!! U(セカンド)vol.3 札幌公演「13番目の月」(作・演出:櫻井ひろ 監修(アドバイザー):木野彩子 ファシリテーター:たかはしちひろ 岩澤たかこ)
◎TUC+KYOKU『オンディーヌ』(原作:ジャン・ジロドゥ 脚色:橋本一兵 演出:滝沢修)
◎劇団coyote『銀河鉄道の夜』(原作:宮沢賢治  脚本・演出:亀井健)
◎時間堂『衝突と分裂、あるいは融合。』(作・演出:黒澤世莉)
◎踊りに行くぜ!! U(セカンド)vol.5 札幌公演 Bプログラム「ラララ・ララルー」(作・振付・演出:原和代 テキスト・ドラマトゥルク:林慎一郎(極東退屈 道場) )
◎風蝕異人街『芝居』(作:サミュエル・ベケット 構成・演出:こしばきこう)
◎『帝国の白いカルト』(作・演出:剣崎薫)
posted by 研究員まゆ at 01:03| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

マクベス夫人のチケット情報そのに

明日29日の座席残数ですが、18:00の回に続き、16:00の回もほぼ満席になりました。
もし来場をご検討されている方がいらっしゃいましたら、事前に席数を増やしたいと思いますので、
ご連絡頂ければ幸いです。

Tel:09075153019
mail:labo.labo@live.jp

よろしくお願いいたします。
posted by 研究員まゆ at 20:44| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

『マクベス夫人』チケット情報。

今週末、『マクベス夫人』の公演ですが、
大変ありがたいことに29日18:00の回が、ほぼ満席となりました。
小さい会場で、お席の都合もありますので、もしこの回をご検討されている方がいましたら、可能であればご一報ください。

TEL:09075153019
mail:labo.labo@live.jp

電話がつながりにくくご迷惑をおかけするかもしれませんが、
その際はお手数ですが、留守番電話に一言残していただけると幸いです。

みなさまのご来場心よりお待ちしています。


posted by 研究員まゆ at 07:17| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

セミナー情報。

私も著者の本を読みました。
当日都合が合えば行こうと思っています。
興味のある方はぜひ!

2/19 米屋尚子 セミナー 「演劇は仕事になるのか?」


「演劇は仕事になるのか? ─演劇の経済的側面とその未来」の著者でもある、日本芸能実演家団体協議会の米屋尚子・芸能文化振興部長が講演し、参加者とディスカッションを行ないます。演劇人がプロとして活躍し、常に芝居の公演がある環境を札幌で実現する方法を探ります。参加無料。

演劇による創造都市札幌実現プロジェクト 主催
セミナー 「演劇は仕事になるのか?」

講師: 米屋尚子
著書の紹介: →彩流社 「演劇は仕事になるのか?」、→Amazon、→fringe
会場: 扇谷記念スタジオ シアターZOO 参加無料 (14:45〜)
詳細: →どうしんWeb

リンク: →日本芸能実演家団体協議会(芸団協)
posted by 研究員まゆ at 04:38| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。