2013年05月08日

INDEPENDENT、ちょう楽しかった!

大阪発 1人芝居の祭典「 INDEPENDENT SPR13」に出演させていただきました。
ご来場くださいましたみなさま、本当にありがとうございます!

130505spr13.jpg

今回ほりうちは、1人芝居のおもしろさにものすごくはまりました。
やるのも、そしてみるのも。

やる側自身としましては、2日目は少し打開できたのですが、
自分でリズムを作ったり、見ている人を引き込んだり、共感してもらったり、
そういうところがまだまだ修行が必要だと痛感しました。

ひとり芝居って、頼る人が他にいないぶん、ほんとうに役者の力がつくなあと思います。

いっぽう打ち上げにて他の出演者や演出の方々などとお話させていただくなか、
私が稽古で悩んだりぶちあたっていた壁は、
みんな同じだったんだな〜と思ってちょっとほっとした。

見てくださった方はわかると思うのですが、
6作品6様、
作品のテイストがあんなにも違うのに、作り方やその過程は同じだったんだっていうことが、
すごく興味深かった。


見る側自身としましては。
ひとり芝居がものすごく面白い!と、
本家大阪にぜひにも行きたいという気持ちになりました。

お客様の中に、「INDEPENDENTファン」がいらっしゃるということが
ものすごくわかる気がします。


ほりうちは
ひとり芝居ってすごく実験的な表現や演出が許される場だなーと思ったです。

2人以上の演劇って、どうしてもストーリーに縛られがちで。
起承転結重視のような。
私は、演劇作品を作るときに、そこをすごくいつも打開したいと思っていて。

でも、今回見た作品たちは結構それがなかったな、というのがとても楽しかった。
「人間」そのものを見ることができるのとてもが嬉しかった。

感想をあげたらきりがないのですが、
他の5作品のみなさま、全員が、「1人芝居」というフィールドに、
実にそれぞれのアプローチで作品創りに取り組まれていたのがとても新鮮で、
5様におもしろかったのです!

私もこれから、「ひとり芝居ファン」になりそうです。

ベルベットのうさぎもこれから、
他にもどういうふうなアプローチが可能か、
またじっくりと作り直してみるつもりです。(←実は、実に4回目のチャレンジ)

そして、1人芝居の台本を1つ。書いてみようかなと。着想を得ました。

まずは今回来札された、大阪 満月動物園 戒田さんに送っていただいた台本をじっくり読むぞ!
そして、近々には大阪に見に行きたいという目論見を胸に・・・



さてさて、そんな興奮もさめやらぬなか、
明日からは6月公演「ラヴ コネクション」の稽古に戻ります。


「ベルベットのうさぎ」をご覧頂いた方、
全くテイストは違いますのである意味ご安心を(← 笑)


役者4人と、映像やデジタル音楽を交えたいくつもの ”嘘”の物語を、
オノベカ というフリースペースにて上演します。

オノベカが元カフェであった場所らしく、コーヒー付☆
ご予約いただいた方にはもれなく、特典としてお菓子がつきますので絶対お得!

ぜひにご予約くださいませ!




さっぽろ演劇研究室

ラヴ コネクション

lovecone.png 

作・演出:堀内まゆみ
出演:木村愛香音 斉藤玲史(劇団オガワ) 成瀬絢子 本多竜二

男女4人の役者と「グラフィック映像」がおりなすいくつもの ”嘘” の物語。

DATE:6月15日(土)@15:00 A19:00 16日(日)@15:00 A18:00
PRICE:2000円(コーヒー または 紅茶付)
★ご予約またはフライヤー持参の方にお菓子付き。

PLACE:よりどこ オノベカ(中央区南11条西7丁目3-18)


◎プレストーリー配信中
Twitter #ラヴ #コネクション

※5月下旬にプレイベント実施予定(詳細後日)

★ご予約・お問い合わせ
さっぽろ演劇研究室
MAIL:labo.labo@live.jp
TEL:09075153019
ホームページ:http://satsulabo.jpn.org



なぜ人は嘘をつくのかときどき戸惑い、嘆息しながらも、
嘘がないと絶対に成立しえない、この世界。

そこで生きながら、
どんな風に ”嘘” と向き合っているのか

人と人との関係は、「信頼」がないと成り立たないけれど、
「真実」だけでも成り立たない。


そのことを、悲しく思うのか。

それとも

嘘をつかれたことを「愛」として受け止めるのか。




なお、詳細まだ未定ですが5月下旬に、
先行プレ展示的なものをATTICでやれたらなと思っております。

こちらも何卒よろしくお願いいたします。

posted by 研究員まゆ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。