2012年09月23日

劇団オガワさん「あの大鴉、さえも」感想。

前回の公演「痛みに満ちる。」で、
札幌の演劇人、劇団オガワの和川さんに作品のモニターをお願いしました。

その内容はコチラ

そうしたらなんと、
我々の公演も批評してください、とお返しにご招待券を頂いてしまいました・・・

大変恐縮です。ありがとうございます。

で、
本日観劇させていただきました。


全然批評的なことは書けないのですが、
一応、ほりうちのこれまでの演劇人生の経験を駆使して(笑)
感想のようなものをば、だらだらと(←ここポイント)。


実は「大鴉」は読んだことあるので、
話の内容は知っていました。

知らなければ良かったなあ...
まっさらな気持ちで見たかった、というのがちょっと残念。

でもね。

読んだときには、これが岸田戯曲賞?なして? と思ったのに(おいおい。)
今日舞台化されているのを見て、
ああ、だからかー、と納得できたのでした。


先に進むために、あらすじを簡単にご説明しますと、

物語の内容は、
3人の男が「大きなガラス」を力を合わせて運んでいる。
というお話です。

ざっくり・・・



ほりうちはいま演出志望のくせに、
役者歴のほうが圧倒的なので、やはりどうしても役者のほうを見てしまうのです。
早く直したい・・・

で、

冒頭は3人のキャラクターがどうもはっきり判別できなくて、

「お前さっき○○って言っただろ!」

のようなせりふがやりとりされても、

ん?そんなこと言ってたっけか?それ言ってたのこの人だったっけか?

と、3人が同じ人に見えて、
なおかつ、言ってる内容もあまり情報として脳内に入ってきませんでした・・・

変わったのが、3人が「大ガラス」を下に降ろしたあと。

体が自由になった3人は、ものの見事に、
それぞれのキャラクターの個性を発揮してくれたのでした。

言ってることもよくわかる。
それぞれの個性がおもしろい。

この変化はとっても興味深かったー

「大ガラス」を運んでいるときはどうしても、

「ガラスを運んでいる」という制約が、体に大きくかかっているので、
役者は自由に動けない。

声(とわずかな体の所作)で、表現しなければならない。
そこが自由のなさ、表現の幅のなさ、単調さの原因だったんだなーと気づいたのでした。

・・・。

いや?
そもそも

それがこの戯曲このシーンの、
竹内氏のねらいだったりしますか?これ?

ねらいどおりですか?



セリフに出てくる、夫人雑誌のタイトルが、いかにも時代かなーと
感じたのですが、
現代だったら、どんな雑誌名が出てくるとおもしろいだろうか。
誰かにぜひ考えてほしー。(人まかせかい)

あと非常にどうでも良いはなしなのですが。
ポルノビデオってそんなに「何とかシリーズ」ってつくものなのですか?

どうなんでしょー


見えない何かを運んで、大儀そうに働く。
現代の社会もいまだにそうですね。

大儀に「したい」、のかもしれない。

この3人は、やれあれが大変だ、やれこれが問題だ、
何やかんや口で言っているけれど、
実はそのことが無いと、生きられないのかもしれない。

特に会社とか、集団で仕事をしているとそういう場面に陥りがちだと思って。

初めは何かの目的(会社の場合は大概利益を生むこと)があって動いているはずなのに、
それが大儀になってくるにつれて、「大儀である」ことのほうが目的化してくる。

なんか、
「いかに自分が大変か。」
をアピールすることが、会社で生き残る戦術になってたりするよね。

本当に人間って、思ってる以上に不合理な、非効率的なイキモノだ。


こんなものでいかがでしょう・・・

分量少なくてスミマセン・・・

他に聞きたいことがあれば、個別に質問にしていただけると幸いです。



みなさんといつかぜひお芝居がしたいです! キラキラ(←笑)

posted by 研究員まゆ at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
堀内まゆみ 様

 お世話になっております。劇団オガワの和川です。
 この間は、稽古お疲れ様でした。「オンディーヌ」、はじまっていきますね。お互いがんばりましょ。

 先日は、ご来場いただき、ありがとうございます。そして劇評も。
 私も演出よりも役者なので、完全に役者見ます。演出スキルがまだまだだと痛感した公演でもありました。そして出演したい願望も…。でも、あれだけ大きい役だと、演出しながらだとムリですけどね。

 全体の解釈については、書いて頂いた通りなのかなと思います。
 フムフムしながら読ませて頂きました(^^)

 ちょろっとお話しましたが、うちは男だらけなので、何かの機会にコラボできたらよいですね。ダメでもともと、声はかけようと思っているんです、実は。
 あと、ホームページ。ほんとに、そちらと同じモノにしようと企んでいるので、使い勝手とか運営の仕方とかお話できればなーと思ってます。堀内さんがやってるのかな?別な方?
 
 今度、相談させてくださいm(..)m
Posted by 和川祐介 at 2012年09月27日 02:30
和川さん、コメントありがとうございます!
和川さんの劇評に比べ、こんなつたない感想文で申し訳ないです・・・

オンディーヌではぜひぜひよろしくお願いします!

HPやブログは全てほりうちが制作していますー
どちらも無料ですが、使い勝手は果たしてどうなのか・・・

無料HPですので、出来ないことも多いです。
もう少しひまがあれば自分でちゃんとデザインしたい・・・

でも作成はとてもやさしく、簡単です。jimdoを使っています。


コラボのお話、とても大歓迎です。
劇団オガワのみなさまがお忙しそうなので、いかがかなーと思うのですが、
12月にちひろさんたちのトコロに出させていただくのと、
2月にまた公演をする計画があります。

たとえば、そちらのご協力いかがでしょう?
急ですが・・・

もしよろしければ、メールアドレスを教えていただいてもよろしいでしょうか?

ほりうち
mayutohana@gmail.com

よろしくおねがいいたします!



Posted by 堀内まゆみ at 2012年09月27日 16:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。