2014年02月26日

演劇だからこその悩みかもしれない。〜CAI卒展についてまだ悩んでいるよ

さてさて。
明後日には、CAIアートスクールの卒展で、
何をやるのかの発表をしなければならないのです。

悩んでいるのです。

悩み、というか、
どのアプローチが一番良いのだろうかということにて。

というのも、
私は演劇というか、パフォーマンスをやろうと思うのですが、
だからこその悩み。


「アート」をやるのは、
「自分があと余命一ヶ月だとして、それでもやりたい」くらい、
やりたいことを探すのです。

それでいて、
見る人 と 作家 の間にあるものが「アート」なのです。
創った作品という「モノ」。が、アートではないの。

しかしそれがね。
演劇の場合、

見る人
演出
演者

という3人の立場がありましてね。

私が悩んでいるのはまさに

「演者」とは、作品なのか? それとも作家なのか?
という部分でしてね。

一番の思いは、「演じたい」
というモチベーションなのかも?知れない。
いまのところ。

しかしだね、
これってね、「作りたい」という思いと
果たしてイコールなのか?

ということに悩んでおるわけなのです。

「演じたい」という気持ちをさらに掘り下げるならば、
もうすぐ死ぬというこの時に、世界の果てで世界と一体となって、
砂のように崩れて死んでゆきたい

という、感覚を、パフォーマンスで表したいわけでして。

でもその「表したい」って、
「作りたい」なのかなあ・・
それとも「感じたい」なのかなあ・・
それとも「感じてほしい」なのかなあ・・

とかとか。



あ。

いま書いててふと思ったのは、
きっと、映像とか鏡で、
一度客観的に見たらわかるのかもね、
とかね。

自分の内面と、
客観的に見た感じとをすり合わす行為。

そこから実験してみようかな。


ふう。

「演劇」というアートこその悩み。
posted by 研究員まゆ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

メンバー募集します。

【メンバー募集中】

さっぽろ演劇研究室は、「虚構をつくる」をテーマにさまざまな作品創りをしています。

「虚構」とは、新しい世界の見え方のこと。
それは、緞帳が降りてしまえばまたいつもの日々が始まるという、
「非日常のエンターテイメント」とは違うこと。

世界の見方が変わること。

自分自身の、日常が変わること。

その触媒。きっかけ。


そんな「虚構」を創りたいと思っています。

そこでこうした作品創りに興味のある役者・ダンサー・美術家・その他パフォーマーなど、
さまざまな方を募集しています。

今は演劇や身体表現を主軸とはしていますが、それにはまったくこだわりません。

また、もちろん、直接的に表現者を目指している方でなくても、
たとえば、
公演やワークショップの企画を一緒に立ててくれる方、
舞台美術や映像制作などに興味のある方、
スケジュール管理・進行マネージャーが得意な方など、

さまざまな場面で、一緒に活動してくださる方も大いに募集しています。

興味を持っていただけましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

まずは一度、お話できましたら嬉しいです。

  
★連絡先 MAIL:labo.labo@live.jp TEL:09075153019
posted by 研究員まゆ at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

初日明けました。ラプラスの悪魔

ラプラスの悪魔、初日あけました!
パフォーマンスも始まっています。
今日と明日、パフォーマンスはお休みですが、展示は継続中です。

よろしくお願いします。

なお、パフォーマンスのご予約も引き続き承っています。

2月14日(金)20:30
2月15日(土)17:00/19:00
2月16日(日)18:30

前売1200円 当日1500円 ※おみやげポストカード付

魔法少女ならぬ科学少女もお待ちしてます。

kagaku_2.jpg


「ラプラスの悪魔」おしらせ用ページ
http://satsulabo.jpn.org/laplas.html

全て世界は決定されている。あなたが微笑むことも、私がつまずくことも、ネコがクシャミをすることも。
その研究室で研究しているのは統計学。その研究室にあるのは神託機械。その研究室で研究しているのは天文学。その研究室にあるのはタイムマシン。物理的法則が届かない、非論理的な存在である私たちは、そこで何を感じ、何を思い、どう行動するだろう。ラプラスの悪魔には見えない私たちが紡ぐ、いくつかの物語。覗きに来てください。少しの間、ここは、私たちの研究室。

ピエール=シモン・ラプラス
「もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力を有する知性が存在するとすれば、この知性にとっては不確実なことは何もなくなり、その目には未来も過去同様に全て見えているであろう」 ― 『確率の解析的理論』(1812年)


【ご予約・お問い合わせ】
さっぽろ演劇研究室 TEL/09075153019 MAIL/labo.labo@live.jp

■後援/札幌市・札幌市教育委員会
posted by 研究員まゆ at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

ラプラスの悪魔、ついに来週です。

いよいよ来週からに迫ってきました!

なかなかパーツパーツで、作品をお見せすることができないのですが、
不思議な感じに仕上がってきてると思います。
(もう少し、お見せできるよう頑張ります)

パフォーマンスのご予約もお待ちしています☆
前売り料金がお得です。

ポストカードのほか、今回オリジナルのグッズも、ご用意中。
お楽しみに。

matsu.jpg


以下詳細。

お知らせ用特設ページを作りました。
劇中音楽も視聴できます。

「ラプラスの悪魔」おしらせ用ページ
http://satsulabo.jpn.org/laplas.html


さっぽろ演劇研究室

人々の願望と、自然哲学の融合体
「ラプラスの悪魔」

E8A1A8.png

作・演出:堀内まゆみ
出演:成瀬絢子、松田忍、堀内まゆみ

制作:さっぽろ演劇研究室
宣伝美術:ERI HACHIRO

2月11日(火・祝)17:00/19:00
14日(金)20:30
15日(土)17:00/19:00
16日(日)18:30

【会場】 ト・オン・カフェ 札幌市中央区南9条西3丁目2-1マジソンハイツ1階
(地下鉄南北線「中島公園駅」より徒歩2分)

【料金】 前売1200円 当日1500円 ※おみやげポストカード付

【展示】 期間中「ラプラスの悪魔」常設展示をしています。
展示期間 2月11日(火・祝)〜2月16日(日)10:30〜22:00(日曜は20時まで)
入場無料



全て世界は決定されている。あなたが微笑むことも、私がつまずくことも、ネコがクシャミをすることも。
その研究室で研究しているのは統計学。その研究室にあるのは神託機械。その研究室で研究しているのは天文学。その研究室にあるのはタイムマシン。物理的法則が届かない、非論理的な存在である私たちは、そこで何を感じ、何を思い、どう行動するだろう。ラプラスの悪魔には見えない私たちが紡ぐ、いくつかの物語。覗きに来てください。少しの間、ここは、私たちの研究室。

ピエール=シモン・ラプラス
「もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力を有する知性が存在するとすれば、この知性にとっては不確実なことは何もなくなり、その目には未来も過去同様に全て見えているであろう」 ― 『確率の解析的理論』(1812年)


【ご予約・お問い合わせ】
さっぽろ演劇研究室 TEL/09075153019 MAIL/labo.labo@live.jp

■後援/札幌市・札幌市教育委員会
posted by 研究員まゆ at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

ひとり芝居の稽古もしていたり。

ラプラスの悪魔と並行しつつ、
実はひとり芝居の演出もしています。
(写真無いんですが・・また、本番はきっともう少し先です。)

私の書いた脚本。
私の直感、私の身体感覚でとらえ、
書いたものを

他の人とも共有できるように、後から論理的にとらえ直し、言語化し、
演じる役者と改めて擦り合わせられるようになったな

そんな風に感じた、
今日のひとり芝居稽古でした。
posted by 研究員まゆ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。