2013年10月26日

新しい映像作品です。

先日のART EGGsでも展示させていただいた、
新しい映像作品2点をアップします。

1つめ。
「Lady Macbeth」

シェイクスピアの「マクベス」からインスピレーションを受けて、
昨年ATTICで上演した「マクベス夫人」のイメージを映像化しました。

Lady Macbeth



原作:ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』
出演:岩渕安希子 楽曲提供:propanmode



2つめ。
「蝶と木」
これも昨年公演の「痛みに満ちる。」での
劇中映像をアニメーション化してみました。
公演時は、2人の女の子に演じてもらいましたが、今回はアニメーション化。
蝶と木の、ちょっぴり哲学的なおしゃべりです。

蝶と木



声の出演:松田忍 楽曲提供:propanmode


なおこちらの「蝶と木」は、
いま制作をすすめている「痛みに満ちる。」の映像化作品に挿入する
予定です。

1374160_522936531110344_1809025203_n.jpg


全部完成するのは、来年になるかなーー
posted by 研究員まゆ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

やきなおさない。 coyote「銀河鉄道の夜」お知らせ

大事なことなので。
めも。

人間てのは、
本当に、安心と安定を求める生き物で。

安心も安定も、生きるための人としての生存本能だから、しかたがないのかもしれないけれど、

ザ・ホメオスタシス


過去の、
自分の体得しているものだけで、
芝居やろうとしている自分が稽古場にいるよ。

で。
毎回行き詰まると。

あああ。
私の手数って、こんなものだったのかと。
もっとできると思ってたのは妄想にすぎなかったのかと。

毎回毎回、稽古で思う。
必ず、思う。

もう習慣ですね。
スランプの習慣。


それで、何が悪いかと原因を探しますと、
「過去の芝居の焼き直し」を、
無自覚に求めてるからなんだな。これが。

そこに気づくのに、毎回結構ーーな時間を費やします。

まあ。

だいたいが諸々安定してきて、これ以上前に進めへん、というときに気づくので、
結構な時間が経ってからでないと気づかないのは、
しょうがないっちゃしょうがないのかもしれません。


で。
今回も気づいた。
わけですよ。


割と気づくの、早かったほうなのではないかな?
前回のART EGGsでは、なんと本番2日目で気づくという遅さ。
ごめんなさい。。

今回はとても早期に、気づかせていただきました。

それは。
共演者と演出みなさまの、
あくなきチャレンジ精神が満ち満ちている稽古場のおかげかもしれない。

ありがとうございます。


もうね。焼き直さないよ。

生む。


前に。
新境地に。


すすむのだ



私のアートの校長先生の言う

51%の人間が理解したら、俺はそれを捨てる。

自分の真似だけは絶対しない。

という言葉も、ああ、思い出される。。。



そんなわけで、ぜひ!
見にいらしてください。

チャレンジ精神が混沌と混ざり、
ときには心地の悪い、けれどもとても美しいハーモニーになることを
私も目指します。


劇団coyote第3回演劇公演「銀河鉄道の夜」

ginga.jpg

キャスト/スタッフ:
【企画】劇団coyote 【原作】宮沢賢治 【脚本・演出】亀井健
【キャスト】亀井健、ナガムツ、升田千尋、オクシマヤスシ、スズエダフサコ、
 横井まう、岡田直樹(POST)、手代木敬史(gah)、堀内まゆみ(さっぽろ演劇研究室)、
 御供竜生、脇田唯(POST)、廣田彩
【音楽】横井まう
【照明】上村範康 【舞台美術】上田知 【衣装】大坂有里絵 【映像記録】小林雄大
【協力】POST

日時:
11月27日(水) 20時
11月28日(木) 20時
11月29日(金) 20時
11月30日(土) 15時 19時
12月1日(日)  15時
※開場は開演時間の30分前になります。

会場:
演劇専用小劇場BLOCH
北海道札幌市中央区北3条東5丁目5岩佐ビル1F
TEL:011-251-0036

料金:
前売2,500円 当日3,000円

チケット取り扱い:
大丸プレイガイド TEL:011-221-3900 ローソンチケット Lコード 17105

宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」をまるで恋するように脚色
とある学校に潜り込み、条盤子と噛羽根瑠子は、嘘の授業で漫才を披露し、用務員天川を楽しませていました。 その日はケンタウルスの祭りでしたが、条盤子は仕事が忙しく祭りどころではありませんでした。
家には、病気の青井葵が待っているのです。トシ子に狂って病気になってしまったのです。
条盤子は祭りを羨ましく思いながら、仕事をし、帰宅しましたが、牛乳が届いていませんでした。それなので、牛乳を貰いに、途中祭りに目を奪われているとなにやら、突然に鉄道が現れたのです。
乗客には噛羽根瑠子もいました。二人は夢の様なほしめぐりの旅に出ました。 様々な乗客がいました。 駅には学士が、途中で鳥捕りや灯台守が、旅を楽しませてくれます。 とある南のほうの駅に、家庭教師、カオルコ、タダシが乗りました。そして、ほんとうの幸福について話したのです。
ほんとうの幸福とは、愛情とは何かについての物語です。少しいっしょに感じてみて下さい。






チケットですが、さっぽろ演劇研究室経由でお求めもいただけますよ。
少しお安くなったりもするので、よろしければご連絡ください。

さっぽろ演劇研究室
TEL:09075153019
MAIL:labo.labo@live.jp




そいえば。

私事ですが、はなが生まれて以来、
ずっとひとり芝居、ひとり訓練ばかりやってきた、役者 堀内。
コミダン初め、ダンス要員としては舞台に出していただいたけれど、
本格的に演出して頂いて、「役者」として、芝居に出られるのは本当に。
何年ぶり。

やっぱり。子連れの稽古参加がどうしても。。
なかなか現場的にという感じでね。

まだ自分とこの稽古場なら良いんですが。

今回。
稽古場にはながいても、
おおらかに参加させてくださるみなさまに感謝。
拾ってくださった、亀井さんに感謝。


ベストをつくしますっ

posted by 研究員まゆ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

定期稽古スケジュール2

さっぽろ演劇研究室、
定期稽古の新しいスケジュールをお知らせします

最近は、身体訓練は継続しつつ、
発声と台本の読み方を主にやっています。

俳優訓練に興味のある方、
もしも参加希望の方は、事前にご一報ください。

TEL:09075153019
MAIL:labo.labo@live.jp

参加費は無く、場所代のみ、集まった人数でワリカン(だいたいいつも70〜50円前後)
にしています。

動きやすい格好でお越しくださいね。

また、12月から公演稽古に入って定期稽古は無しの予定でしたが、
週に1回、定期稽古も継続するかも。。です。
また決まり次第お知らせいたします。

場所の表記
総合→若者活動支援総合センター(地下鉄バスセンター前駅近く)
ポプラ→若者活動支援センターポプラ(地下鉄白石駅直結)


10月
26日(土)18-20時 総合
28日(月)19:45-21:45 ポプラ

11月
1日(金)19:45-21:45 総合
4日(月・祝)10-12時 総合
9日(土)19-21時 総合
11日(月)19:45-21:45 場所未定
16日(土)17-19時 総合
18日(月)19:45-21:45 総合
24日(日)午前中 場所未定

11月25日〜12月1日 2回 自主稽古予定


よろしくお願いします!
posted by 研究員まゆ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

ART EGGs 無事終了!

CAI18期生による 中間発表的ミックスアート展「ART EGGs」、
無事終了しました!

ご来場くださったみなさまありがとうございます☆

1395815_519599584784886_655929125_n.jpg

1186231_520117374733107_1928022873_n.jpg

あああ。
なんか、私。
今回を終えて、次のステージへ。
行ったと思う。

演劇として演劇をやる。はもう、クリアして、次のステージへ。
(基本は失わないよう継続するつもりではありますが)

クリアしたと言って良いと思う。
自分に許可する。

だって、「勝てるところで勝負してる」、
だなんて。
校長先生が言ってくれたものー!!

いっぽう
アートとしての演劇は何なのか、
おぼろげだけれど、方向性が垣間見えた。

いくつか指針はあるけれど、

ポイントは、

役者
空間
ダイレクト
観る人の本能

そんな感じです。


今回のアート展は、普段演劇を観るのではない方々に観ていただけたのが、
本当に新鮮で。

また、世界観を気に入ってくださって
本当に嬉しかったのです。

しかし振り返ると、こんなにやってる側が贅沢なひとり芝居、他に無いな・・とふと。

端さんに、これからは芝居の定石でないものをやりなさいと言われ、
茂呂さんに、もっと空間やそこにある作品とやったら良いと言われ、
ハルさんに、声と動きが良いと言われ、
川上りえさんに、ぼろぼろの衣装が似合ってる(笑)と言われるなんて

なんて贅沢な。
こんなに贅沢なひとり芝居。。きっと他に無いーーーー

果報者な3日間でした。

他のアートスクール生みんなの感性もすごかった。
超おもろかった。

今回、私は自分単独で作品を作ったのだけれど、
今度ぜひ、誰かとコラボしたいな、とうっすら切望中。

でもね、ただし私は、
混ぜたいんですよー

演劇とそのアートは対等でいたいんですよー

バックグラウンドミュージックでなく、
ゲストでなく、
同じ位置に、立って、やりたい。

まるで呼応するように。

それには、やはり、感じる力。
そして即興力だなーー


がんばります。

幸せな3日間をありがとうございました。
posted by 研究員まゆ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。